ピンクのフードでむくみ対策! ときめくビジュアル、「ビーツとアボカドのオープンサンド」

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。
日中は汗ばむ陽気が増えてきましたね。暑いこの時期、水分をたくさん摂ることは大切ですが、水分を摂りすぎてむくみが気になっている方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな皆様にぴったりのレシピを紹介します。
使う材料は、真っ赤な見た目がインパクト大の「ビーツ」。

ビーツはビタミンやミネラルの含有量が高い野菜です。中でもカリウムが豊富に含まれており、むくみを解消する効果が期待できます。さらには、食物繊維やオリゴ糖も含まれているので、腸内環境の改善をサポートしてくれますよ。

今回は意外と入手しやすい缶詰のビーツを使って、超簡単にできるレシピを作ってみました。

ビーツとアボカドのオープンサンド

今回ご紹介するのは、ピンクの色がとっても可愛いビーツのディップをたっぷりとのせたオープンサンド!
アボカドの緑色とのコントラストも素敵です。基本的には混ぜるだけで簡単に作れるので、突然の来客へのおもてなしや忙しい朝にもぴったりのレシピです。

【材料】(2人分)

  • ビーツ缶・・・1/2缶
  • アボカド・・・1/2個
  • バター・・・10g
  • クリームチーズ・・・80g
  • にんにく(すりおろし)・・・1かけ
  • アンチョビ・・・・2本
  • 塩コショウ・・・少々
  • バゲット・・・適量
  • くるみ・・・適量
  • ピンクペッパー・・・あれば

【作り方】

1、ビーツ缶の汁気をきる。アボカドは皮をむき、種をとったらスライスする。

2、フードプロセッサーにビーツ・バター・クリームチーズ・にんにく・アンチョビをいれ撹拌(かくはん)する。塩コショウで味を調える。

3、トーストしたバゲットに2を塗り、アボカドをのせる。くるみとピンクペッパーをちらして完成。

フードプロセッサーがご自宅にない方は、少し面倒ですが、材料を細かく刻んでクリームチーズと混ぜ合わせるのでもOKです。

ビーツ自体にはさほど癖はなく、クリームチーズのコクやアボカドのまろやかさとのバランスも◎夏バテ気味な体への栄養補給にもぴったり!ぜひ作ってみてくださいね。

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

レシピ開発、商品開発、食の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々な活動をしている。

SONY XperiaのCMやKIRIN本麒麟の広告への出演などその活動は多岐に渡る。

近年では地方を元気にするための6次化商品の開発に力を入れている。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など
Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter: https://twitter.com/linasuke0508