2019年秋冬ブーツ!大人におすすめのトレンドの特徴・コーディネートって?【ニオイ対策の豆知識も】

2019年秋冬は、近年のトレンド・ショート丈に加えてロング丈のブーツが復活し、ブーツの選択肢がとても豊富です。最旬ブーツを取り入れて、足元からセンスアップを目指しましょう!

そこで今回は、スタイリストの瀬戸芙美香さんに2019年のブーツの特徴やスタイルアップしてみえるコーディネート、さらに気になるブーツのニオイ対策をご紹介いただきます。

2019年、『ショートブーツ』の特徴・おすすめポイントなど

◆トレンドのショートブーツの特徴
昨年に引き続き、2019年秋冬もくるぶしが隠れるショートブーツが人気です。素材は革のカーフやスエード・ストレッチ素材・ヘビ柄などさまざま。つま先の形は、スクエアや尖りすぎないポインテッドトゥ・安定感のある太めのチャンキーヒールなどがトレンドです。
◆ショートブーツのおすすめポイント
ふくらはぎの太さ・体型に関係なく履けるのが、ショートブーツのいいところ。ふくらはぎの張りやむくみが気になる人もOKです。さらに、靴下やタイツなどのレッグウエアを使ったコーディネートも、ショートブーツならではの楽しみ方です。ロングブーツよりも、履いたり脱いたりが簡単なのも嬉しいですね。
◆ショートブーツと相性の良いファッション
ショートブーツは、ロングスカートやパンツスタイル・セットアップによく合います。特に今年おすすめなのは、ワイドシルエットのカーブパンツにヒールのあるショートブーツを合わせるスタイル。グッとトレンド感が演出できます。

▲ワイドパンツとショートブーツでトレンド感あふれるコーディネート!

2019年、『ロングブーツ』の特徴・おすすめポイントなど

◆トレンドのロングブーツの特徴
去年のランウェイで多く登場したロングブーツが、2019年最旬トレンドに再浮上。素材はショートブーツ同様さまざま。黒や茶色以外のカラフルな色があるのも2019年のロングブーツの特徴です。
◆ロングブーツのおすすめポイント
冷えやすい足先をしっかりガードしてくれるので、寒い冬にはぴったり。膝下がスラリと見えるので、脚長効果も狙えます!
◆ロングブーツと相性の良いファッション
ロングブーツは、膝丈スカートやロングスカート・ワンピーススタイルによく合います。

▲膝丈ボトムスと相性抜群!

スタイルアップできる大人のブーツコーディネート例(ショートブーツver/ロングブーツver)

①ショートブーツを使ったスタイルアップコーディネート

「ショートブーツは足が太く見えそう……」と思っている方におすすめなのが、デニムと合わせるスタイリッシュコーディネート。ロールアップにして足首をチラ見せすれば、足が細く見えます。
私がスタイリストとしておすすめしたい着こなし方は、ボトムスとショートブーツの間に肌見せの隙間をつくる方法。ほんの少しの抜け感で、下の写真のような女性らしさが生まれます。

【TIPS】スタイルアップを狙うショートブーツの選び方
ショートブーツは、丈の長さで脚の印象が変わります。自分の脚に合うブーツの長さを見つけるために、まずは色々な丈のソックスを履いてみて、自分の足が一番キレイに見える「長さ」を知りましょう。素材・履き口の開き具合も印象を左右する要素になるので、実際にお店で試着してみることも大切に。 なおO脚の人は、ふくらはぎの筋肉の下の部分ぐらいまでの長さがおすすめ。脚がまっすぐ見えるようにカモフラージュできます。

②ロングブーツを使ったスタイルアップコーディネート

ロングブーツといえば、ショート丈のボトムスと合わせるのが一般的。でも「ミニスカートもショートパンツももう卒業!」という大人女子には、ロングブーツにスカートがかぶっている足元重めなクラシックスタイルがおすすめ。今一番旬の着こなしでおしゃれ感たっぷり。体型をカバーするコーディネートなので、スタイルアップ効果も!

【TIPS】スタイルアップを狙うロングブーツの選び方
ロングブーツは、履き口がゆったりしたものより、肌にフィットしたタイトなシルエットの方がバランスよく見えます。また、スタイルアップするには、ヒールが高いもの・ヒールが細いものを選んで。ぺたんこブーツやチャンキーヒールよりも華奢にほっそり見えます。このほか、足の露出を抑えつつ美脚効果も兼ね備えたニーハイブーツもGOOD!

覚えておきたいブーツのお手入れ方法

●汚れ落とし&乾燥ケアを履くたびにする
ブーツを長くきれいに保つには、脱いだ後の一手間が大事です。お手入れのポイントは、靴の汚れを落とすこと・しっかり乾燥させること!汚れていたり湿っていたりしたまま靴を保管すると、カビが発生したり革が変色したりしやすくなります。ブーツを履いて帰ってきたら、汚れ落とし&乾燥を習慣化しましょう。
●風通しの良いところで保管する
ブーツを保管するのに理想的な場所は、風通しが良くて湿気が少ないところです。脱いですぐに下駄箱に入れるのはNG! しばらく風通しの良い場所で休ませましょう。また、ときどき下駄箱からブーツを出して風通しのよい場所で陰干ししてください。
●脱いだ後の消臭対策をする
ブーツは蒸れやすく臭くなりやすいので、履いた後に消臭対策をしましょう。

①「くつ乾燥機」で消臭!
消臭対策におすすめなのが、ブーツに差し込むだけの「くつ乾燥機」。
足の汗による湿気、雑菌により発生する靴のイヤなニオイ物質を、オゾンの力で分解脱臭。水洗いできない靴やお気に入りでつい毎日履いてしまう靴も、色落ちや型崩れを気にせずケアできる優れものです。
さまざまな電気メーカーが脱臭くつ乾燥機を出しているのでぜひチェックしてみてください。中にはスニーカー専用(革靴への使用不可)のものもあるので、革製のブーツでも対応している機種を選んでくださいね。

②炭の消臭ペーパーで消臭!
スタイリストの私が今一番お気に入りのアイテムは、炭の消臭ペーパーです。炭の強力な吸着効果を利用したアイテムで、丸めてブーツに詰めておくだけでニオイはもちろん湿気も吸収して型崩れも防止してくれます。「毎日のブーツのお手入れは正直面倒だな……」と思っている方に、ぜひ使っていただきたいですね。
シーズンオフの保管時にも活用できて、便利ですよ。

まとめ

秋冬のファッションのベストパートナーとして、ぜひ一足は持っておきたいブーツ。自分のスタイルにぴったりの一足が見つかれば、この秋冬に大活躍してくれます。ぜひ試着をしてシルエットや履き心地などを確認し、自分にぴったりの一足を見つけてみてくださいね。

監修

瀬戸 芙美香(スタイリスト)

個性的で独特のセンスはミュージシャンから始まり、雑誌「KERA」にてTOKYO原宿ガールのファッションを牽引。雑誌、広告、カタログ、流通、TV、PV、ファッションショー、芸能タレント、モデル、声優、ミュージシャン衣装、CDジャケット、アーティスト写真、ライブ・コンサートステージ、ヘアショー、各種衣装製作、インテリア、グリーン、食器、雑貨等、幅広く活動し多くのスタイリングを手掛ける。CENTRAL JAPAN ENTERTAINMENT所属。

みんなの感想を教えて!

2019.12.25まで

  • ※アンケートの回答は、fancl parkにログインしてご参加ください。
  • ※fancl parkに初めて参加する方は、新規会員登録をお願いします。

注目の投稿