極上中華粥を疲れた胃腸に。簡単・美味しい中華粥レシピ【河瀬璃菜監修】

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜(カワセリナ)です。すっかり年末ですね。
イベントごとや忘年会などが多いこの季節。
お酒を飲んだり脂っこいものを食べたりする機会が増える方も多いのではないでしょうか。

そんな“ちょっと胃腸がお疲れ気味になる季節”に私がよく食べているものは、「お粥」。
中でも「中華粥」は大好物!
とろけるような食感のお米と旨味たっぷりの出汁が心と身体を癒してくれます。

ただ、本格的な中華粥ってホタテの貝柱や鶏ガラから出汁をとったり……という面倒なイメージもありますよね。
そこで今回は、自宅でも簡単に作ることができる「本格中華粥」のレシピを紹介します。

【レシピ】お米の甘さと出汁の旨味を感じる中華粥

【材料】(2人分)

  • ・米…1/2合
  • ・水…1ℓ
  • ・ごま油…小さじ1
  • ・塩…小さじ1
  • ・鶏がらスープの素…大さじ1
  • ・貝柱スープの素…大さじ1と1/2

【作り方】

1.米は洗ったら、ザルに上げて水を切る。水分がなくなったら全体にごま油と塩をかけなじませる。

2.鍋に水・鶏がらスープの素・貝柱スープの素を入れて沸騰させ、米を入れる。

3.弱火にし、蓋をしたら40分加熱する。ゆっくり優しくかき混ぜる程度にして、かき混ぜすぎないのがコツです。

4.塩(分量外)で味を調え、お好みでごま油(分量外)をまわしかけて、青ネギ(分量外)をちらして完成!

基本的には、ほっとくだけで出来る美味しい中華粥。
お米から炊くと、「こんなに甘くて美味しいんだ・・・!」と感動すること間違いなし!
写真ではなかなか美味しそうな感じが伝わらないのが悔しいくらいです(笑)

材料の貝柱スープの素は、スーパーなどに売っている顆粒のものです。中華材料コーナーなどでよく見ますね。
より本格的に作りたい!という方は、鶏がらスープを自分でとってみたり、干した貝柱を使ったスープで作ってみたりするのもおすすめです!

美味しく作るための4つのポイント

●洗米した後はお米の水分をしっかり切って

米を洗ってザルに上げたら、米の表面に水分がなくなるまで待って!その後全体にごま油をかけなじませましょう。

●米はスープが沸騰してから入れて

スープが沸騰してから米を入れましょう。

●煮込んでいる最中は、かき混ぜすぎないで

あまりかき混ぜすぎると、米が潰れて、粘りにつながることがあります。焦げ付かないようにかき混ぜる程度にとどめて。

●なるべく加水しないで

水分が減ってきてもなるべく加水は避けて。どうしても加水するときは少量ずつ入れて様子を見ましょう。

【もっと美味しく】おすすめ味変&トッピングのポイント

このまま食べても美味しい中華粥ですが、味の変化を楽しみたい方にオススメのトッピングもご紹介します。

●ささみ&とろろ

ささみでタンパク質をしっかり!とろろのネバネバ感とおかゆのトロリ感の相性は抜群!

●しらす&大根おろし

しらすを加えることで旨味をプラス!よりさっぱりと食べたい方には大根おろしを!

●アオサ&温泉卵

アオサの香りと温泉卵のマイルドな味わいがマッチ!

お好みのトッピングでいろいろなお粥のバリエーションを楽しんでみてくださいね!

【もっと簡単に作りたい方に】 中華粥の時短レシピ

ここからはおまけ!なかなか40分もかけてお粥を作るのは大変だよ!という方に、炊いたご飯から簡単に作れる中華粥風のレシピも紹介します。

【材料】(2人分)

  • ・ご飯…150g
  • ・水…700cc
  • ・鶏がらスープの素…小さじ1
  • ・貝柱出汁の素…小さじ2強
  • ・塩…ひとつまみ

【作り方】

  1. 1.鍋に水とご飯を入れ、ひと煮立ちさせたら、ハンドミキサーでお好みのご飯粒の大きさまで撹拌する。
  2. 2.1に鶏がらスープの素・貝柱出汁の素を入れ、10~15分ほど煮込む。
  3. 3.塩で味を調え、お好みでごま油(分量外)をまわしかける。

ミキサーを使って簡単に作るお粥。
もちろんお米から作るお粥は格別の美味しさですが、「時間がないけどトロトロのお粥が食べたい」という時にぴったりです!時間のない朝にもおすすめです。

年末年始にかけて、胃腸をいたわりたいときにぜひ作ってみてくださいね!

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

レシピ開発、商品開発、食の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々な活動をしている。

近年では地方を元気にするための6次化商品の開発に力を入れている。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など
Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter: https://twitter.com/linasuke0508