本日、ファンケルは創業40周年を迎えました

本日、ファンケルは創業40周年を迎えました

2020年4月7日ファンケルのこと
0

みなさまこんにちは。fancl park編集部です。

本日4月7日、ファンケルは40回目の創業の日を迎えることができました。
ファンケルの商品を愛し、支え続けてくださるお客様ならびにお取引様のご協力があってこそと、心より深く感謝申し上げます。

お客さまの抱える不安や不満、世の中の「不」を何とか解消したい。その一心で生まれた「無添加化粧品」から、ファンケルはスタートいたしました。

創業時の想いはファンケルの全ての事業の礎であり、40年経った今も、ものづくりやお客様サービスの原点となっています。そこで今回は、ファンケルのルーツである無添加化粧品についてご紹介させていただきます。

無添加化粧品の誕生

1980年創業者である池森賢二は、自分の妻や周囲の女性たちが化粧品で肌の不調に悩む姿を見て、本来、化粧品は肌をすこやかにするためのものであるはずが、化粧品を使うことで逆に女性を悲しませていると感じ、「皮膚トラブルを起こさない安全な化粧品をつくろう」と決意いたしました。

従来の化粧品は防腐剤(パラベン)をはじめとする添加物が入っていて、これによって肌荒れをおこしていた女性が多くいました。

そこで、防腐剤を使用せず、化粧品が傷む前に使い切れる量を密閉容器に入れた無添加化粧品が誕生したのです。

当時、開封後に品質を保てる化粧液の量はわずか1週間分の5mL。現在では技術の進化でその容量は大きくなっております。

無添加化粧品へのこだわり

ファンケルの無添加化粧品は、肌ストレスとなる防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤を一切使っていません。肌に負担となる成分は、化粧品の有効成分を肌に届けるのを妨げてしまいます。

そこで、化粧品の原料自体にも添加物が入っていないか厳重に確認を行い、無添加の原料を使用しております。もし必要な原料がなければ、ファンケル専用に開発してもらうほど原料に対してもこだわっております。
安心してご使用いただけるだけではなく、肌本来の美しさを引き出す化粧品をお届けするためにファンケルはこれからもこだわり続けます。

創業40周年を記念して実施しました、あなたとファンケルの「絆エピソード」募集企画では、想像をこえる多くの方よりファンケルへの想いをご投稿いただきました。この企画を通して、改めてたくさんのお客様に支えていただいていることを実感しました。また、それと同時にこれからもあらゆる世の中の不の解消に向けて挑戦していくことで、お客様の気持ちにお応えしていきたいと考えます。今後もファンケルをご愛顧賜りますよう、よろしくお願いいたします。次回は4月16日に更新予定ですのでぜひお楽しみに。

※ファンケルのものづくりやサービスなどの想いと姿勢は「ファンケル100の事実」にてご紹介していますので、お時間がある時にぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし、この記事が良いと思いましたら、ぜひ「いいね」してくださいね。
0