健康あるある劇場 第5話 「ピントが合わない方が幸せ!?」の巻健康あるある劇場 第5話 「ピントが合わない方が幸せ!?」の巻

健康あるある劇場 第5話
「ピントが合わない方が幸せ!?」の巻

2021年2月18日健康チャンネルマガジン
0

これは健康を気にし始めた、とある一家のお話。
思わず“あるある”と頷いてしまうストーリーの中に、
健康を創るヒントがあるかも知れません。

〈機能性表示食品〉
えんきんはこんな人にオススメ!

  • □ 小さな文字読みづらくなってきた
  • □ 手元のピントが合いづらい
  • 視界がぼやけるのが気になる
  • □ PC・スマホの使用が多く、目が疲れ気味である
えんきん
※1:「手元のピント調節」機能
※2:「ぼやけの緩和/黄斑部の色素をふやす」機能は、機能性関与成分に関する成分研究評価です。
機能性表示食品

えんきん


【届出表示】
本品にはルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが含まれます。本品は手元のピント調節機能を助けると共に、目の使用による一時的な肩・首筋への負担を和らげます。また、ルテインは光の刺激から目を保護するとされる黄斑部の色素を増やすことや、コントラスト感度が改善する(ぼやけの緩和によりはっきりと見る力を助ける)ことが報告されています。

  • ※本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
  • ※疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
  • ※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

手元のピント調節力や、
目のぼやけの緩和が
嬉しいぞ!

登場人物紹介

  • 須小屋 かずき(41)

    主人公のサラリーマン。仕事はできるが健康管理は苦手。ここ数年、体力の衰えや体重増加など、押し寄せる加齢の波を実感している。

  • 須小屋 かなこ(36)

    かずきの妻。しっかり者で健康情報にも敏感なワーキングママ。かずきの健康管理や、かれんの野菜嫌い克服のために日々奮闘している。

  • 須小屋 かれん(5)

    かずきの娘。大人びた性格で口が達者。かずきの健康を誰よりも心配しているが、当の本人は野菜嫌い。テディベアの「さぷりん」を常に持ち歩いている。

  • さぷりん(?歳)

    かれんのお気に入りのテディベア。お腹のサプリ模様が特徴。実は意思を持ち、健康問題に詳しい。口が悪いのが玉にキズ。

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし、この記事が良いと思いましたら、ぜひ「いいね」してくださいね。
0