気になるキーワードから探す
成分から探す

思考を司る高性能なしくみ「脳機能に役立つ成分」

日進月歩のコンピュータ技術ですら及ばないといわれるのが人間の脳。その一方で、簡単な漢字が思い出せない、集中力が続かないなど不都合を感じることが多いのも事実です。今回は日々たくさんの情報を処理する脳のメカニズムと健やかさを保つ成分についてご紹介します。

緻密なしくみをもつ脳

[大脳は人体におけるコントロールセンター]

脳は大脳と小脳そして脳幹からなり、全重量の約8割を大脳が占めています。大脳は、体のすみずみから送られる情報を受け取って判断し、体の各部に命令を与える、いわば人体の総司令室のような役割を果たす中枢器官。なかでも、大脳の表面を覆う大脳皮質は、ものを感じる、記憶する、考える、言葉を話すといった活動を支配しています。

大脳皮質のシワを伸ばした広さは、新聞紙ほぼ1枚分。これが大脳を覆うようにシワをつくることで、より多くの表面積を有することになり、膨大な量の情報を処理したり、蓄えたりすることができるのです。

[右脳は感覚的思考を左脳は論理的思考を担う]

大脳は左右2つの半球に分かれており、その真ん中を通る脳梁(のうりょう)によってつながっています。体の運動指令は、右脳・左脳のどちらからも出されますが、左半身への命令は右脳が、右半身への命令は左脳が受け持ちます。これは、大脳と体の各部分をつなぐ神経が、中央にある延髄の部分で左右に交差して伸びているからです。

また右脳と左脳には、はっきりとした役割分担があります。例えば、ものの形を識別する、絵を描く、音楽を演奏するといったときに使われるのは右脳。物事を直感的に捉える、創造力を発揮するなど、感覚的な事柄に関する働きを担っています。

一方、読む、書く、話すなどの言語活動を営むのは左脳の役目。言葉を聞き分ける「感覚性言語野」と言葉を話す「運動性言語野」は、6歳までに左脳につくられます。ちなみに生後1歳ぐらいまでは、左脳も右脳もまったく同じ機能をもっているといわれています。その後左脳と右脳が役割分担を始めるのです。
「大脳の左右の役割分担」についてはこちら

記憶の保存方法

[内容によって異なる記憶の様々な保存場所]

人間の記憶は、その内容によって大脳皮質の各領野に蓄えられます。例えば、学問的な知識や自己の体験から得たような「意味記憶」は前頭葉や頭頂葉、側頭葉前部などに、自転車の乗り方や条件反射のような肉体的反応などの「手順記憶」は中枢神経系に、自分が体験した「エピソード記憶」は海馬になど、その内容に関係する機能をもつ部分に貯蔵されるのです。

[短期記憶と長期記憶]

記憶には、すぐに忘れてしまう短期記憶と、ずっと覚えている長期記憶があります。短期記憶は記憶の中枢である“海馬”で一時的に保存され、長期記憶は海馬周辺の記憶回路を回り続けるうちに、大脳皮質の連合野に整理され、長期にわたって保存されます。

ただし、短期記憶であっても、何度も体験したり、本人にとっても重要度が高まったりすると、長期記憶に変化。このように短期記憶を長期記憶に変える役割も、海馬が担っていると考えられています。

ブドウ糖と酸素なしで脳は活動することができない

脳の重さは体重の約2%ですが、そのエネルギー消費量は、運動などをしていない状態の場合、全身の約20%を占めるといわれています。

筋肉は、ブドウ糖のほか脂質もエネルギー源として利用できますが、脳はブドウ糖しか使うことができません。そのため人体は、食事と食事の間にも、肝臓などに蓄えられているブドウ糖を放出し、一定の血糖値を保つ仕組みが備わっています。しかし、大量に蓄えておくことはできないため、効率よく脳を働かせるためには、3食をきちんととり、血糖値を上げることが大切です。

また、脳がブドウ糖を燃やしてエネルギーにするときには、酸素が欠かせません。脳は酸素欠乏にとても弱く、血流が途絶え酸素の供給がなくなると、わずか4分で生存率が半分になってしまいます。あくびは、脳が軽い酸欠状態になっている証拠。あくびが連続して出るようであれば、窓を開けて部屋の空気を入れ換え、深呼吸をして脳に十分な酸素を送り込むようにしましょう。
「脳の重量とエネルギー消費量の割合」についてはこちら

慢性的なストレスは脳にも悪影響を及ぼす

ストレスは、何らかの刺激によって生じる歪みのこと。ストレスを受けると、アドレナリンやノルアドレナリンなど、交感神経によってコントロールされているホルモンの分泌が増加。血圧を上昇させたり、血管を収縮させたりします。このような変化は、ストレスに対して体が臨戦態勢をとるために起こること。本来であれば一時的なものですが、現代社会のようにストレスが多く、解放されることがない環境下では、交感神経とそれに関連するホルモン優位の状態が継続されることになります。

人間が健康を保つためには、興奮と鎮静のバランスをとることが不可欠。ストレスによってそのバランスが崩れ、血圧上昇や血管収縮の状態が続くことは、脳の血流障害にもつながり、脳機能にも影響をおよぼしてしまいます。

また、脳は脂質が多く存在するため、ストレスによって発生する過剰な活性酸素によるダメージを受けやすい器官です。細胞膜にたまった過酸化脂質は、細胞そのものを破壊。脳の老化を加速させる原因にもなるため、注意が必要です。

脳の健康をサポートする様々な栄養成分

記憶力や集中力など、機能を十分に発揮できる冴えた脳を保つためには、バランスのとれた食事や適度な運動を基本とした生活習慣を整えることが大切。また、脳に存在する成分や血流に働きかける成分を補うことも役立つといわれています。

●いちょう葉

いちょうは、地球上で最も古くからあるといわれている植物の一種。およそ2億年前から存在し続けるほど非常に強い生命力があります。

このいちょう葉に含まれる特長成分がフラボノイドとテルペンラクトンです。血小板凝集抑制、血管拡張、抗酸化など多角的に作用し、それらの相乗効果で血液をサラサラにし、血流を改善する働きがあるといわれています。脳はほかの臓器に比べて大量の酸素を必要とします。そのため血流を改善することが、脳に十分な酸素や栄養を運び、脳機能を助けることにつながるのです。

また、いちょう葉の抗酸化作用は脳で発生する活性酸素を消去し、ダメージを防ぐことにも優れています。

30〜59歳の健康な男女を対象とした試験では、いちょう葉エキスを1日当たり120mg摂取することで、短期記憶に対し効果がみられたという結果が出ています。またドイツでは、1960年代に血流改善作用が発見され、70年代には医薬品として認可されました。これまでにヨーロッパを中心に数多くの臨床試験が行われ、ドイツの医療現場では現在、いちょう葉が認知症治療における選択肢のひとつに挙げられているほどです。

●DHA

脳の中で、記憶学習の機能に関わる“海馬”に多く存在するのが、魚介類に含まれるDHAです。DHAは低温でも固まりにくく、非常に柔らかい性質をもつため、血管壁や赤血球などの細胞膜を柔軟にし、脳の情報伝達をスムーズにする働きがあることがわかったのです。

また、脳の入り口には「血液脳関門」というフィルターがあり、有害成分が入らないように選別を行います。DHAはこの関門を通過できる数少ない成分といわれており、脳にとってそれだけ欠かせない栄養成分だと考えられます。

現在、アルツハイマー型認知症の発症と魚の摂取状況には関連があることが指摘されており、医師が用いる治療のガイドラインにおいて、DHAなどの摂取が推奨されるようになりました。認知症患者を対象に、通常の薬剤に加えてDHAを摂取した試験では、計算力や判断力などに改善が認められたという報告もあります。18歳以上では、毎日1g以上のDHAおよびEPA、または90g以上(※)の魚を摂取することが推奨されています。
(※)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」より。
「DHAを多く含む食品」についてはこちら

●GABA(ギャバ)

ギャバはアミノ酸の一種で、体内・脳内に存在する物質。DHAと同じく“海馬”に多く含まれることが報告されて以来、様々な研究が行われるようになりました。

思考力・記憶力といった脳の働きを正常に保つ働きがあるほか、抑制性神経伝達物質としても作用。不安状態や興奮を緩和して精神安定をもたらすことでストレスを軽減する働きや、血管の収縮を緩和し、交感神経の抑制によって血圧を下げる働きもあることがわかっています。

ギャバは米や茶、野菜や発酵食品などに含まれていますが、その量はごくわずか。また、脳内のギャバ量は年齢とともに低下するため、意識して補うとよいでしょう。
「GABAを含む食品」についてはこちら

●PS(ホスファチジルセリン)

大豆やマグロの赤身などに含まれるホスファチジルセリンは、人体を構成するすべての神経細胞の膜に存在するリン脂質の一種。特に、脳全体の神経細胞膜に多く集まっていることから“脳の栄養素”とも呼ばれています。

詳しいメカニズムは明らかになっていませんが、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖の代謝を活発にするほか、神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌促進、神経細胞の維持による脳機能改善作用があるといわれています。そのため、ホスファチジルセリンの摂取によって、記憶力の改善や思考力の向上、認知症の予防に役立つことが期待されています。
「ホスファチジルセリンを含む食品」についてはこちら

●ビタミンB6、B12、葉酸

ビタミンB群は、脳の働きや精神状態と深い関わりのあるビタミン類。なかでも、ビタミンB6はセロトニン、ドーパミン、アドレナリン、ギャバなどの重要な神経伝達物質の合成に欠かせません。また、認知症患者は脳内のビタミンB12濃度が低いという報告があることから、脳が正常に機能するために重要な働きをしていると考えられています。

このほか葉酸も神経細胞の働きに関わる重要な成分。葉酸は野菜やレバーなどに多く含まれますが、食品から摂取するよりもサプリメントによる摂取のほうが利用効率が高いといわれています。

大脳の左右の役割分担

脳はその部分によって、体の機能を分担している。

脳の重量とエネルギー消費量の割合

DHAを多く含む食品

DHAは魚介類以外にはほとんど含まれていません。「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、18歳以上はDHAおよびEPAを1日1g以上、または1日90g以上の魚を摂取することが推奨されています。

GABAを含む食品

ホスファチジルセリンを含む食品

2011-01-11
前のページへ戻る
ページトップへ