気になるキーワードから探す
成分から探す

アンチエイジングの切り札『コエンザイムQ10』

コエンザイムQ10は、「アンチエイジングの切り札」ともよばれる成分です。高齢者の方が還元型コエンザイムQ10を1日に100mg摂って、体力や気力が改善したという報告もあります。イワシや牛肉などさまざまな食品に含まれますが、その量は少ないので、効率良く補う工夫が必要です。
コエンザイムQ10には、「酸化型」と「還元型」があります。「酸化型」のコエンザイムQ10は、体内で「還元型」に変換されて働きますが、その変換力は加齢やストレスによって低下します。年齢を重ねてきたら、よりおすすめなのは「還元型」です。

細胞内でエネルギーをつくるコエンザイムQ10

人が活動するために必要なエネルギーは、主に食事から摂った糖質や脂質からつくられます。これらの栄養素が、細胞のミトコンドリアというエネルギー産生工場に運ばれ、燃焼することでエネルギーに変わります。このミトコンドリアに多く存在し、エネルギー産生工場の出口に近いところで、最後の火付け役を担うのが「コエンザイムQ10」です。コエンザイムQ10が体内に十分あると、エネルギーが効率良くつくられます。

コエンザイムQ10は加齢とともに減る。それが老い!

コエンザイムQ10は私たちが生きていくのに欠かせない成分で、体内で合成されます。しかし、その合成量は20歳前後をピークに減少。特に減少率が高いのは、コエンザイムQ10の組織内濃度がもっとも高い心臓で、40歳前後でピーク値の約30%、80歳前後で50%以上が失われます。また、紫外線の害から肌を守ってくれる表皮中のコエンザイムQ10も、年齢とともに減少してしまいます。これが老化の原因になるのです。

心臓のコエンザイムQ10量

運動能力アップ、疲労も軽減

コエンザイムQ10を補うと、筋肉中のコエンザイムQ10濃度が上昇し、エネルギー産生が促進されます。同時に運動で生じた活性酸素が細胞を傷つけるのを抑えるので、運動能力を底上げすると考えられています。後の疲労軽減にも役立ちます。

心臓の機能を高め、血流も良くなる

もともと心臓に多く含まれるコエンザイムQ10は、補うことでエネルギー産生活動が活発になり、心機能も改善しやすくなります。また、強力な抗酸化作用で血管を拡張し、血流を改善することも期待できます。

肌の老化を防ぐ可能性も

コエンザイムQ10には抗酸化作用があるので、紫外線を浴びると皮膚で発生する活性酸素を抑える働きや、コラーゲンが壊されるのを抑える働きがあります。そのため、肌の老化予防が期待できるのです。

歯周病、白内障の予防も期待

コエンザイムQ10の抗酸化作用は歯肉の細胞にも作用し、歯周病の症状も改善するといわれています。また、目の水晶体が白く濁る白内障の進行を防ぐ可能性も期待されています。

2015-05-11
前のページへ戻る
ページトップへ